2012年04月06日

初期費用回収

太陽光発電だと、余剰電力が現金と言う形で還元されます。
初期投資したものが余剰電力の買い取りで回収できるのは
15〜25年位はかかるでしょうか。(自家消費分除く)

発電効率が云々とか言われても、素人にはわかりません。

戸別差がありますが太陽熱温水器を12万で購入した場合、
年間のガス代が2万円位安くなれば、6年で元が取れます。
年間のガス代が2.5万円位安くなれば、5年半で元が取れます。

そう考えると投資した費用から生まれる効果は素晴らしいです。
posted by きさ at 00:00| Comment(0) | 温水器導入まで

2012年04月05日

真空管式温水器

我が家には南側にべランダがあります。
屋根には置けないけど、ベランダに置いて何とか風呂場まで
配管できないものか。
工事を頼むとしたら幾ら位かかるのか…。
いくらエコで、ガス代が安くなるっていったって、70万も
かけていたら、死ぬまで元がとれません(笑)

そんな中、真空管式太陽熱温水器を発見。
ベランダにも置けて、自作可能!

落下式でも15万位、分離式でも30万位は最低でもかかるのに
これは10万位。水道直圧型なのに!

…ん?
良く見ると

「中国製!」

中国を謗る訳ではないのですが(^^;
勝手なコピー商品やら(笑)餃子の件からどうも品質に関しては
微妙に感じてしまい、個人的には一歩ひいてしまいました。
(すみません、正直な感想です。)

しかしながら、調べてみると
中国では太陽熱温水器はごく一般的で、電気が来ていない村にも
温水器があったり、新築には太陽熱温水器の設置が義務づけられて
いるようだとか、日本と比べ温水器に対する理解と普及が物凄く
進んでいるようなのです。

しかも輸出されている商品にかんしては中国で売られている物
よりは品質も安定しているらしく。(多分)

しかしベランダに置くとして、風呂の給湯器までどうやって
配管したら良いのか…
と悩みつつ、時間だけが過ぎていくのでした。

続く。
posted by きさ at 00:00| Comment(0) | 温水器導入まで

2012年04月04日

太陽熱温水器探し

エコキュートはエコノミーであるが、エコロジーではない。

太陽光発電のみがもてはやされていると思う今の日本、
我が家でも導入できそうな温水器を探しますが、
なかなかコレといった物が見つかりません。

横浜市では太陽熱温水器に4万円、ソーラーシステムに8万円の
補助金設定されています。
補助対象システムは、財団法人ベターリビングの認定を受けた
ものでなくては駄目らしく
(ほんのり企業との癒着のニオイがします)
該当のものを調べてみますが、どれも我が家には無理でした。

「補助金なんて要らないから、ガス代を何とかしたい(笑)」

いっそ塩ビ管やペットボトルで自作(笑)とか考えましたが
考えながら疲れてしまいました。
posted by きさ at 00:00| Comment(0) | 温水器導入まで