2012年12月12日

久々の60度!

前回ちょっとアツく語ってしまいました(笑)
お口直しに、今日はHOTなニュースです。

月末頃からずっと天気がイマイチで、水温が5度を切り、
少々晴れたとしても温水器の水温がなかなか上がらず、
でもガス代の足しにはなってるから良いか〜と思ってました。

今月は5日から寒波+乾燥注意報と共に晴れ続きです。
ようやく冬らしい天気になってきました。
昨日は旦那が仕事休み、ご飯食べに行きつつスーパー銭湯に
寄りまして、温水器は1日お休みしました。

1日使わなかったから…と期待しつつ、カランを回すと…
浴室全体湯気もうもう。

久々に60度を記録しました!
もちろんガスは使いませんで、水で薄めましたヾ(´▽`*;)ゝ

感激です☆

5度以下の冷水が入りますから、温水器は2日に1回使用の方が
効率が良いのかなぁ(悩)
posted by きさ at 00:00| Comment(0) | 温水器導入後

2012年12月11日

レジオネラ菌

「残り湯を追い炊きして、レジオネラ菌に感染した方がいました。
皆さんお風呂のお湯は毎日交換しましょう。」

という内容の広報(区のもの)が届きました。
確かに30〜40度の水温ではよく繁殖します。

ネットを見てもお風呂の残り湯にはレジオネラ菌が〜とか沢山書かれています。
でも皆さん、どこからともなく載っていた文章をコピペしている模様。
24時間のジェットバスならいざ知らず、普通のお風呂で感染するもの?!

私は専門家ではありませんが、広報誌を読んであやうく問合せしてしまう所
でした(笑)

「いつからレジオネラ菌は経口感染や創傷感染するようになったの?」
「何歳の方で、術後や糖尿病など昜感染状態だったのでしょうか?」
と。

四類感染症に指定されているので、区民に知らせねば…というのは
理解できますが、むやみに不安を仰ぎたてるものではないのでしょうか。
この記事を出した偉い人のお役所仕事ぶりに唖然。


そもそもレジオネラ感染症とはなんぞや。

菌が存在する水の水しぶきを吸入し肺炎をおこす病気です。
水しぶき(エアロゾル)による飛沫核(ひまつかく)感染です。


肺炎=菌のいる空気を吸入して感染
腸炎=菌のいる飲食物を介して感染

と考えて頂ければわかりやすいと思います。

肺炎に感染したのちに、体内で増殖したと考えるのが一般的ではないでしょうか。
ちなみに人から人へは感染しません。


浴槽のお湯をポンプで汲み上げてシャワーとして使っていた場合を除き、
よっぽど抵抗力が落ちていなければ、残り湯で感染…
考えにくいと思います。

エアロゾルが原因になりますから、古い車(変なにおいがするもの)のエアコンや、
水を替えてない超音波式加湿器等の方が、1日水を替えてない風呂の水よりよっぽど
危険な感染源になりえます。
(加湿器はスチーム式を除く。60度で死滅と考えられている為)
レジオネラでなくとも、カビを吸入することで起こる肺炎もあります。


「節水したいけど、ちょっと気になる…」
という方は、風呂水ワ○ダーなどのお風呂洗浄剤をおススメします。(PBだと1個10円位)
お風呂入ったあと、なるべく早めに入れた方が翌日肌に優しいです。

塩素がどうの、ジクロロイソシアヌル酸塩がどうのとか言ってる位では
スーパー銭湯やプールなんか一生入れませんよ(笑)
気持ちの問題です。(開き直った)


これは余談ですが
友人知人に聞き取り調査したトコロ、お風呂を沸かし直している家とそうでない家の
違いがわかりました。
毎日入れ替えているという家は、そもそも節約という言葉が辞書にない方、潔癖症、
夫婦仲がイマイチな方でした。
旦那が入った後のお風呂には入りたくないという方もいましたし(←おいおい)

そして「嫌だわ、不潔〜」という目で見られた(^^;
断水や入院とかで1週間位風呂入れなかったらどうするんだろうか。
まぁ他人の事は気にしないのが一番です。(オチ)
posted by きさ at 00:00| Comment(0) | つぶやき

2012年12月10日

11月の結果

11月の結果です。
更新遅くなりまして、すみません(^^;

11月に入り、水温は15度位から徐々に下がり、月末には10度になりました。
1211on.html
11月はお風呂を沸かすのに使用したガスはトータルで2.266m3
@350円だとしてお風呂の給湯に使用したガス代793円。

先月に比べると一気に使用量が増えましたが、毎日ぐつずいた天気でしたし
水温も低くなってきたので、この天気にしては健闘してくれました♪

晴れだったのか、雨だったのか天気は覚えていませんので
太陽光の発電量を参考になさってください。
半分以上北面なので、だいぶ発電量が下がってきています。

去年の12月ガス代が4.7となっていますが実際は6.7m3なはずです。
(ガス屋さんがメーター見間違えた。)
今年は12月ガス代が4.5m3で3520円
ぬるめのお湯しか出なくても、確実にガス代の節約につながっています。

ガスの検針は月の頭にあります。
gas201211.html


【温水器の水温とガス代について】
見て頂ければ一目瞭然だと思いますが、以下注意点。

・天気が悪い時には温水器使用せず、そのままガスで沸かしています。
・夏場と違って浴槽の湯量自体が減ってしまうと寒いので、湯船に入る前に
 シャワーを併用し、浴槽の湯量が減らないようにしています。
 シャワー分のガス代が毎日プラスされています。
・毎日お風呂の水は交換していません、
 残り湯は半分位捨て、見えるゴミを処理し温水器の湯を足しています。
 節水(※1)と家事省略(笑)の為です。不潔ですみません…。
 ちなみに年間を通して水道水よりも風呂の残り湯の方が水温が高いですから
 追炊きの効率が悪くても残り湯を使用することでガス代の節約にはなります。

・11月よりストーブを使用していて、熱湯が出来た時には適宜足しています。
 
追炊き途中で熱湯1リットル足すと0.024m3=8.4円の節約になりました。
かなりの節約効果です。
1回だけだと不十分ですから、追ってデータが出たら再度お知らせします。

(※1)
水道の使用量の内訳は風呂よりもトイレの方が多いのも理解しています。
残り湯が濁るのは石鹸や汚れがついまたま湯船に入るからです。
人数にもよりますが、きちんと落としてから入浴すれば濁りません。

我が家の水道代は13〜15m3/2ヶ月で基本料金2982円です。
妊婦時代に仕事辞めて1日中家にいて、頻尿だった時に1回だけ
21m3=3535円になり、超ビビリました(笑)以降節水に努めてます。
レジオネラ菌については、また別の機会に!


■ご注意■
残り湯を沸かし直しするのは不潔だとお思いの方もいらっしゃると思います。
個人的には温泉やスーパー銭湯など、不特定多数の方が入浴される施設の方が
よっぽど恐ろしいと思いますが(笑)
世の中には色々な考えの方がいます。
追炊きするような家は違う人種だと思って、非難するのはどうかご遠慮いただき、
このページを閉じて、このWebサイトの閲覧を続行しないことを推奨します。
posted by きさ at 00:00| Comment(4) | 温水器導入後